不動産物件を理想の価格で売るコツを伝授!

つみき

職人の最高峰の技術

建築現場

戸建ての工法とメリット

宮大工と一般の大工の違いは何でしょうか。一般的に宮大工とは主に神社や仏閣など伝統建築を手掛ける職人をいいます。一般的な大工は2、3年の修行をへて一人前になりますが、宮大工の場合最低でも10年間の修行が必要といわれています。従来の工法と比べ、宮大工は釘をほとんど使わないのが特徴です。従来工法ではなく、木組みという独特の技術を用います。この技術を習得するには大変な修行が必要となります。釘を使う場合は和釘という独自の釘を使います。また、国宝や重要文化財を修復したりもします。現代では、そんな修復作業も少なくなってきたので、住宅建築をメインにする方も増えてきました。宮大工の技術が詰まった戸建てとはどういうものでしょうか。この場合、一般的な住宅とは比べ物にならないほどの豪邸になります。地震の多い日本では、住宅において耐震性はとても重要です。耐震性の問題でよくニュースにもなっていますが、宮大工の技術である木組は地震の大きな揺れにも耐え得る耐震性をもっています。また、断熱材や壁紙も、化学製品を使用せず、人に優しい自然素材を使用しますので、長く快適に過ごすことができます。これらが大きなメリットです。また、宮大工に建築を依頼する場合は、工期と値段を確認することが大切です。工期は最低でも半月から一年くらいかかるとされています。そのため、余裕を持って納期に間に合わせるためにも、早めに依頼するようにしましょう。